メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・着付け師

成人式の振り袖、10分で花嫁ドレスに

 成人式の振り袖を結婚式の晴れ舞台でドレスに--。思いの詰まった振り袖を切ったり縫ったりせず、ドレスのように着る技術「ザ・オリエンタル和装」を愛知県弥富市の着付け師、村井昭子さん(58)が広めている。村井さんは「贈ってくれた家族にも感謝の気持ちが伝わるはず」と話す。

 「振り袖を一度しか着ないのはもったいない」と思っていた村井さんが2010年に始めた。着物を体の前から羽織り、帯は腰で締めて背中で花のように結ぶ。余った布地を腰回りですっきりと折り畳み、振り袖の裾の柄がスカート部分を彩るようにするのが技の見せどころで、詳しくは…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]