メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリア、化学兵器準備か 「使用の兆候」 攻撃を示唆

 【ワシントン会川晴之】スパイサー米大統領報道官は26日夜、シリアが再び化学兵器を使用する兆候があるとの声明を発表した。化学兵器を使用した場合は、シリアのアサド大統領やシリア軍が「多額の代償を払うことになるだろう」と、米軍が攻撃することを強く示唆し、市民に犠牲が出る化学兵器の使用を思いとどまるよう求めた。

 米国によると、シリア政府軍は4月4日、シリア北部にあるイドリブ県ハンシャイフンで猛毒の神経ガス「サリン」を使用、市民80人以上が死亡した。スパイサー氏は声明で、米政府はシリアで「4月4日の化学兵器攻撃前と同様の兆候がある」ことを把握したと説明している。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです