メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我妻栄

改憲派に反論、友人・岸首相に忠告 法学者の「毅然」今こそ 山形に記念館、関係者ら共感

笑顔で写真に納まる我妻栄(後列右端)と岸信介(後列左端)=撮影年不明、我妻栄記念館提供

 戦後を代表する民法学者、我妻栄(わがつまさかえ)(1897~1973年)の生まれ故郷・山形県米沢市にある記念館を法律関係者らが訪れている。我妻は旧友の岸信介首相が60年に衆議院で強行採決した日米安全保障条約改定を巡って退陣を促すなど、権力に毅然(きぜん)とした発言を繰り返した。今年5月、岸の孫である安倍晋三首相が憲法改正を表明し、憲法論議の活発化が期待される。こうした時代に我妻が注目されることについて、木村草太・首都大学東京教授(憲法学)は「信念に基づき、専門家が声を上げることの大切さを教えてくれる」と再評価する。【野間口陽】

 21日に開館25周年の節目を迎えた「我妻栄記念館」。我妻の生家を利用し、遺族らから寄贈された著作、講演会の手書き原稿などを展示している。民事訴訟の要旨をまとめた約7000枚の「判例カード」は圧巻だ。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです