メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
琵琶湖周航の歌

誕生100年 竹生島でも合唱 周航隊、4番歌詞の碑前で /滋賀

竹生島に上陸して歌碑(手前右)の前で琵琶湖周航の歌を歌う京都大ボート部OBら=滋賀県長浜市で、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」誕生100周年を記念した京都大ボート部OBらの「なぞり周航」は3日目の26日、竹生島(長浜市)に立ち寄り、4番の歌詞の「瑠璃(るり)の花園 珊瑚(さんご)の宮」と刻まれた歌碑前で合唱した。

 この日も天候に恵まれ、周航隊は朝、今津(高島市)を出発。7人乗りの周航専用艇3艇は本部艇のヨットと支援の漁船団とともに湖を北上し、海津大崎(…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです