メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険貝除去

けが防止 海開き前に三原市職員ら /広島

海開きを前にタイラギなどの危険貝を探す広島県三原市の職員ら=同市須波西1のすなみ海浜公園で、渕脇直樹撮影

 7月8日の海開きに備え、三原市須波西1のすなみ海浜公園で危険貝の除去作業があった。三原観光協会や市職員ら15人が砂浜のタイラギを取り除いた。

 遊泳客が二枚貝のタイラギやハボウキガイを踏み、けがをする事案が数年前から起きており、協会が2016年に続いて実施した。この日はJR西日本社員も協力し、南北2…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです