損賠訴訟

中津東高柔道部顧問体罰 県側は争う姿勢 地裁支部 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年7月、中津市の県立中津東高柔道部の練習中に顧問教諭(62)=当時=から殴られるなどして脳脊髄(せきずい)液漏出症などになったとして、3年の男子生徒(17)が県を相手取り、約2390万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が20日、大分地裁中津支部(沢井真一裁判長)であった。県側は請求棄却を求める答弁書を提出…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

あわせて読みたい

注目の特集