メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ノーベル平和賞・劉暁波氏、病院へ移送 末期がんで許可

 【北京・河津啓介】中国の民主活動家で2010年にノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅうぎょうは)氏(61)が末期の肝臓がんと診断され、服役中の刑務所から遼寧省瀋陽の病院に移送されたことが26日、分かった。劉氏は同病院に入院中。劉氏の弁護士が毎日新聞の取材に「家族からの情報」として明らかにした。

 習近平指導部は秋に5年に1度の中国共産党大会を控える重要な時期を迎え、国際社会の批判を避けるためにも、刑務所外での治療を許可したとみられる。

 劉氏は10年、国家政権転覆扇動罪で懲役11年の判決が確定し服役。劉氏の弁護士によると、5月23日に獄中で体調が悪化し、末期の肝臓がんと診断された。先週になって刑務所外の医療施設移送が認められた。弁護士によると、中国の国内法に基づく措置で、通常は治療後に刑務所に戻り服役しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです