メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

IS、モスルでなぜ戦闘?=回答・松井聡

「国家樹立」宣言の地 ラッカと並ぶ最大拠点

 なるほドリ イラク北部モスルから過激派(かげきは)組織「イスラム国」(IS)を掃討(そうとう)する作戦が大詰めを迎えたらしいね。モスルはISにとってどういう意味を持つ都市なの?

 記者 2014年6月にISの前身(ぜんしん)組織がイラク政府から奪(うば)った都市で、シリアのラッカと並ぶ最大拠点(きょてん)です。モスルを奪取(だっしゅ)した数週間後、組織の最高幹部(かんぶ)のバグダディ容疑者(ようぎしゃ)がIS樹立(じゅりつ)と自身のカリフ(イスラム教スンニ派の指導者(しどうしゃ))就任(しゅうにん)を宣言(せんげん)しました。当時、テロ組織が「国家樹立」を宣言したことは多くの人にとって衝撃(しょうげき)でした。モスルはISにとって拠点というだけでなく、象徴的(しょうちょうてき)な意味を持つ都市なのです。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです