メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

IS、モスルでなぜ戦闘?=回答・松井聡

 なるほドリ イラク北部モスルから過激派(かげきは)組織「イスラム国」(IS)を掃討(そうとう)する作戦が大詰めを迎えたらしいね。モスルはISにとってどういう意味を持つ都市なの?

 記者 2014年6月にISの前身(ぜんしん)組織がイラク政府から奪(うば)った都市で、シリアのラッカと並ぶ最大拠点(きょてん)です。モスルを奪取(だっしゅ)した数週間後、組織の最高幹部(かんぶ)のバグダディ容疑者(ようぎしゃ)がIS樹立(じゅりつ)と自身のカリフ(イスラム教スンニ派の指導者(しどうしゃ))就任(しゅうにん)を宣言(せんげん)しました。当時、テロ組織が「国家樹立」を宣言したことは多くの人にとって衝撃(しょうげき)でした。モスルはISにとって拠点というだけでなく、象徴的(しょうちょうてき)な意味を持つ都市なのです。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです