メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

「革新」と「地方創生」 大倉智・いわきFC社長(48)

 2016年シーズンからドームが親会社となり、新たなサッカークラブの経営を模索する、いわきFC。大倉智社長(48)にクラブが目指す将来像などを聞いた。【大谷津統一】

 --サッカークラブの運営にドームとともに乗り出した理由は。

 ◆ドームの安田秀一社長(法大時代にアメリカンフットボール部在籍)は同学年で、大学や競技は違うが学生時代から面識があり、3、4年前に人を介して再会した。スポーツを産業化して優秀な人材を入れ、生涯にわたりスポーツを続ける文化を醸成したいという彼らの思いは純粋だった。勝った負けた、上がった落ちたにとらわれたり、お金は選手に行ってフロントはずっと同じ給料だったり、アカデミーは優秀な人材を育てられず環境に投資できなかったり--Jリーグで感じるモヤモヤが一発で解消した。彼らがサッカー界に入ればすごいイノベーション(革新)が起きると思った。

 --理念に「いわき市を東北一の都市にする」とうたっている。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです