メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

「革新」と「地方創生」 大倉智・いわきFC社長(48)

 2016年シーズンからドームが親会社となり、新たなサッカークラブの経営を模索する、いわきFC。大倉智社長(48)にクラブが目指す将来像などを聞いた。【大谷津統一】

 --サッカークラブの運営にドームとともに乗り出した理由は。

 ◆ドームの安田秀一社長(法大時代にアメリカンフットボール部在籍)は同学年で、大学や競技は違うが学生時代から面識があり、3、4年前に人を介して再会した。スポーツを産業化して優秀な人材を入れ、生涯にわたりスポーツを続ける文化を醸成したいという彼らの思いは純粋だった。勝った負けた、上がった落ちたにとらわれたり、お金は選手に行ってフロントはずっと同じ給料だったり、アカデミーは優秀な人材を育てられず環境に投資できなかったり--Jリーグで感じるモヤモヤが一発で解消した。彼らがサッカー界に入ればすごいイノベーション(革新)が起きると思った。

 --理念に「いわき市を東北一の都市にする」とうたっている。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1169文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです