メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

初の官民現地調査団が出発 日露共同経済活動

北方領土

北海道の根室港から交流専用船「えとぴりか」で出港

 北方領土でのロシアとの共同経済活動に向け、日本政府と民間による初の官民現地調査団(69人)が27日午前、北海道根室市の根室港から交流専用船「えとぴりか」で出港した。7月1日までの日程で、国後、択捉、色丹の3島で漁業、水産加工、観光や医療関連の施設など約40カ所を視察する。

 日本政府は共同経済活動を平和条約締結と領土問題の進展につながる「重要な一歩」と位置づけ、調査を通じ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです