メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

テメル大統領を収賄罪で起訴 裁判は回避か

 【サンパウロ朴鐘珠】ブラジルのジャノ検事総長は26日、国内最大手の食肉加工会社「JBS」から50万レアル(約1700万円)の賄賂を受け取ったとして、テメル大統領を収賄罪で起訴した。テメル氏は報道によって疑惑が浮上した先月中旬以降、一貫して関与を否定している。大統領が被告として裁判に出廷するには、連邦下院の3分の2以上による承認が必要だが、下院では連立与党が多数派を占めており、テメル氏の公判開始が承認される可能性は低い。

 起訴内容によると、テメル大統領は今年3~4月、当時の大統領補佐官だったロウレス下院議員を介し、JB…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文816文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです