メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領報道官

「シリアが再び化学兵器使用の兆候」

 【ワシントン会川晴之】スパイサー米大統領報道官は26日夜、シリアが再び化学兵器を使用する兆候があるとの声明を発表した。化学兵器を使用した場合は、シリアのアサド大統領やシリア軍が「多額の代償を払うことになるだろう」と、米軍が攻撃することを強く示唆し、市民に犠牲が出る化学兵器の使用を思いとどまるよう求めた。

 米国によると、シリア政府軍は4月4日、シリア北部にあるイドリブ県ハンシャイフンで猛毒の神経ガス「サリン」を使用、市民80人以上が死亡した。スパイサー氏は声明で、米政府はシリアで「4月4日の化学兵器攻撃前と同様の兆候がある」ことを把握したと説明している。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです