メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・法廷に包丁

持ち込みの21歳女に実刑判決

 被告として出廷した裁判員裁判で包丁を所持したとして、銃刀法違反に問われた無職、原田恵美被告(21)に対し、大阪地裁は27日、懲役6月(求刑・懲役10月)の実刑判決を言い渡した。村越一浩裁判長は「秩序や安全が高度に守られるべき公開の法廷での犯行で、危険性は高く悪質」と指摘した。

     判決によると、原田被告は今年2月13日、同居の姉に対する殺人未遂罪に問われた裁判員裁判の判決公判で、包丁1本(刃渡り約16センチ)を所持した。包丁はリュックサックに入れていたが、保釈中で手荷物検査はなかった。原田被告は被告人質問で「弁護士か裁判官を殺そうと思った。傍聴人の数が予想よりも多く、包丁を取り出す勇気がなかった」などと述べていた。殺人未遂罪については、懲役2年の実刑判決が確定している。

     法廷への刃物持ち込みを巡っては、仙台地裁で今月16日、刑事事件の被告の男が傍聴席にいた警察官2人を刃物で刺し、重傷を負わせる事件があり、最高裁は全国の裁判所に警備強化を求める事務連絡を出している。大阪地裁も保釈中の被告への手荷物検査を始めている。【原田啓之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
    2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    4. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
    5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]