メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨匠・村野藤吾設計

八幡市民会館、当面保存へ

当面の保存が決まった八幡市民会館=北九州市八幡東区で、比嘉洋撮影

 戦後日本を代表するモダニズム建築家、村野藤吾(1891~1984年)の設計で、老朽化により存廃が注目されていた八幡市民会館(北九州市八幡東区)について、市が建物を当面保存する方針を決めたことが、分かった。2014年3月末に市が閉館を決定して以来、建物の利活用を巡って建築界や市民団体を巻き込んだ議論が3年以上続いたが、事実上の「現状維持」で決着する見通しだ。

 1958年に完成した市民会館は、八幡製鉄所にちなんだ赤茶色のタイル張りのデザインが特徴で、村野の円熟期の作品として建築界を中心に高い評価を受けている。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです