メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨匠・村野藤吾設計

八幡市民会館、当面保存へ

当面の保存が決まった八幡市民会館=北九州市八幡東区で、比嘉洋撮影

 戦後日本を代表するモダニズム建築家、村野藤吾(1891~1984年)の設計で、老朽化により存廃が注目されていた八幡市民会館(北九州市八幡東区)について、市が建物を当面保存する方針を決めたことが、分かった。2014年3月末に市が閉館を決定して以来、建物の利活用を巡って建築界や市民団体を巻き込んだ議論が3年以上続いたが、事実上の「現状維持」で決着する見通しだ。

 1958年に完成した市民会館は、八幡製鉄所にちなんだ赤茶色のタイル張りのデザインが特徴で、村野の円…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです