メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
天神祭

市民船中止、花火席一般販売…資金難を渡る

花火が彩りを添える中、大川で行われた天神祭の「船渡御」=大阪市内で2016年7月25日、本社ヘリから小関勉撮影

 日本三大祭りの一つ「天神祭」(7月24、25日)。運営する大阪天満宮などは今年、資金難から長年親しまれてきた「市民船」を中止し、収入確保のために新たに奉納花火の席を一般販売した。一方で大阪市や市民団体が実行委員会を作り、「ごみゼロ」を目指した社会実験を始める。長年続いた大阪の夏の風物詩に、さまざまな時代の風が吹いている。

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1342文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです