メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天神祭

市民船中止、花火席一般販売…資金難を渡る

花火が彩りを添える中、大川で行われた天神祭の「船渡御」=大阪市内で2016年7月25日、本社ヘリから小関勉撮影

 日本三大祭りの一つ「天神祭」(7月24、25日)。運営する大阪天満宮などは今年、資金難から長年親しまれてきた「市民船」を中止し、収入確保のために新たに奉納花火の席を一般販売した。一方で大阪市や市民団体が実行委員会を作り、「ごみゼロ」を目指した社会実験を始める。長年続いた大阪の夏の風物詩に、さまざまな時代の風が吹いている。

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1342文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです