テレワーク・デー

7月24日 五輪開会式、出勤せず仕事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は2020年東京五輪の開会式が開かれる7月24日を今年から「テレワーク・デー」と位置付け、企業や官公庁の参加を呼びかけている。3年後の開会式当日は、訪日外国人観光客や参加選手の移動で首都圏が混雑することが予想される。このため、当日朝の出勤を控えてもらうことで、交通渋滞の緩和を図るのが狙い。政府は今回の試みを機にテレワークを定着させ、働き方改革にもつなげる考えだ。【今村茜】

 テレワークとは、IT(情報技術)機器を活用し自宅やサテライトオフィスなどの社外で仕事をする取り組み。テレワーク・デーには、総務省や経済産業省などが企業・団体に参加を呼びかけており、26日までに400近い企業が参加を表明している。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1245文字)

あわせて読みたい

注目の特集