日本

保護司制度、世界に紹介 「法順守で防犯」啓発へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ウィーン三木幸治】日本政府が、罪を犯した人の立ち直りを支援する保護司制度など日本の法教育を世界各国に広める活動に本格的に乗り出すことが分かった。2020年に日本で開く国際会議の機会を通じ、特に途上国の国民に対して法順守の意識を啓発し、「犯罪が起きない環境作り」支援に努める。

 日本は、東京五輪・パラリンピックの開催年である20年に、刑事・司法分野で世界最大規模の国際会議「国連犯罪防止・刑事司法会議」を開催する。ウィ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集