メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森空港

「大間のマグロ」?ターンテーブルに出没

一般客の荷物に紛れてターンテーブル上を流れる「大間マグロ」の模型=青森市の青森空港で2017年6月24日午後2時5分、一宮俊介撮影

 青森空港(青森市)の手荷物を受け取るターンテーブルに「大間のマグロ」が時折出没し、乗客を驚かせている。青森県大間町で水揚げした高級本マグロと思いきや、実は発泡スチロール製の模型だ。

     全長約1.4メートル、重さ約1キロ。日本航空の整備士らが「笑ってもらえるものを」と空港内のゴミ捨て場にあった素材を再利用。歯にラップの刃を使うなど約7カ月かけて手作りし、先月初めにデビューした。

     発案者の一人で整備士の境朗さん(40)は「いつ現れるかは空港に来てのお楽しみ」。大間漁協も認めたという完成度の高さが食欲をそそるが、手荷物ではないので持ち帰りは厳禁。【一宮俊介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
    5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです