メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤

将棋界の主な記録※敬称略、年齢は当時

 「単独1位になれたというのは特別な、今までと違った喜びがあります」。将棋界の大記録を30年ぶりに塗り替えた14歳の中学生棋士は、時折はにかみながら心境を語った。公式戦の連勝を29に伸ばして新記録を達成した藤井聡太四段(14)。負けを知らない新鋭棋士は、どこまで活躍を続けるのか。【山村英樹、丸山進、鳴海崇】

 東京都渋谷区の将棋会館で26日に行われた竜王戦決勝トーナメント1回戦は、現在の将棋界で唯一の10代プロ対決となった。藤井四段の対戦相手は、増田康宏四段(19)。増田四段は対局前のコメントでも「勝つためには一手のミスも許されない、完璧な将棋を指さなければいけないと思っている」と闘志を見せ、定跡にとらわれない力勝負の戦いに持ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです