メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史塗り替えた 10代対決、圧巻の終盤

将棋界の主な記録※敬称略、年齢は当時

 「単独1位になれたというのは特別な、今までと違った喜びがあります」。将棋界の大記録を30年ぶりに塗り替えた14歳の中学生棋士は、時折はにかみながら心境を語った。公式戦の連勝を29に伸ばして新記録を達成した藤井聡太四段(14)。負けを知らない新鋭棋士は、どこまで活躍を続けるのか。【山村英樹、丸山進、鳴海崇】

 東京都渋谷区の将棋会館で26日に行われた竜王戦決勝トーナメント1回戦は、現在の将棋界で唯一の10代プロ対決となった。藤井四段の対戦相手は、増田康宏四段(19)。増田四段は対局前のコメントでも「勝つためには一手のミスも許されない、完璧な将棋を指さなければいけないと思っている」と闘志を見せ、定跡にとらわれない力勝負の戦いに持ち込んだ。

 先手番になった藤井四段にもその気迫が伝わったのか、序盤から駆け引きのある進行になった。藤井四段の連勝時は角換わり戦になることが多かったが、増田四段は角交換を拒否してあまり前例のない進行に持ち込んだ。相手の得意を封じる作戦をあらかじめ用意してきたのだろう。

 後に引くわけにはいかないと感じたのか、藤井四段も早く仕掛け、増田四段も好機と見て反撃した。新記録のかかった対局は現代将棋を象徴するような急戦に突入した。

 午後になって藤井四段と同じ28連勝の記録を持つ神谷広志八段(56)が報道陣が待機する部屋を訪れ、「本音をいえば記録を抜かれたくはないですよ。孫も『抜かれないで』と応援してくれます」とユーモアたっぷりに語り、笑顔を見せた。

 初戦の相手だった加藤一二三九段(77)も会館に顔を見せた。

 夕食休憩時の形勢は、増田四段がやや有利か互角とする意見が将棋会館に集まった棋士には多かったが、藤井四段が2枚の角と桂を駆使して猛烈に追い上げた。最終盤に入ってからの藤井四段の指し手は正確でしかも厳しかった。あっという間に形勢の差を広げ、会館内の棋士も「強すぎます」と脱帽した。最後は危なげなく勝ち切った。

 終局後、将棋会館前には新記録達成を知った100人以上の将棋ファンが駆けつけた。午後10時半ごろ、藤井四段が会館前に姿を見せると、「おめでとう」の声とともに大きな拍手が起きた。藤井四段は人の多さに驚きながら、会館入り口に待たせていたタクシーに乗り込み、会館を後にした。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
  2. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会
  3. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  4. 高速バス 東北道であわや事故「運転手意識ない」119番
  5. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]