メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

タクシー送迎、対局は土日活用…連盟が対策

歴代単独1位となる29連勝を達成し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太四段(左)=東京都渋谷区の将棋会館で2017年6月26日午後9時46分、佐々木順一撮影

 日本将棋連盟は、藤井聡太四段が中学生であるということ、日を追うごとに報道が過熱していることを受け、対策を講じている。

 棋戦の日程は、開幕時期になると順次スタートするため、連勝で勝ち残ると複数の棋戦が同時進行し、対局スケジュールが過密になる。藤井四段の対局数は、2月以降、月に4、5局のペースだったが、順位戦など4棋戦が始まった6月になると10局に倍増している。

 1週間に2日以上の対局日を抱えることも増えたため、「学業への影響を考えて、対局日が2日ある場合は土…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文604文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです