新入社員の意識

「上司、同僚が残業でも帰る」48.7%

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本生産性本部などは26日、今年度の新入社員を対象にした意識調査の結果を発表した。「職場の同僚、上司、部下と勤務時間以外は付き合いたくない」との回答が前年度比10.1ポイント増の30.8%、「上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」も同9.9ポイント増の48.7%といずれも急増し、過去最高となった。

 同本部は「電通の女性新入社員の過労自殺事件が影響した」と分析している。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集