メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象

NHK放送センター=東京都渋谷区で、山本晋撮影

 2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は26日、現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については別の契約を設けることを柱とする中間答申原案をまとめた。その場合のネットの受信料については、NHK内部で現行の地上放送契約と同額(口座振替の2カ月払いで2520円)とする案が浮上している。

    地上波と同額か

     原案には、支払いは世帯単位とし、スマートフォンなどでネット受信アプリのダウンロードなどの手続きを済ませた者を対象とする方針も盛り込んだ。地上放送などの受信料をすでに払っている世帯は、ネット同時配信を利用しても無料とし、スマホなどのネット同時配信の利用者のみ有料とする。原案は27日のNHK経営委員会に示され7月下旬に正式決定する予定。

     ネット受信料は総務省から「地上波よりも安くすべきだ」(幹部)との声もあり、NHK内部で検討したが、「地上波より安くするとテレビよりもネットでの視聴が増えてしまう」との意見が強いという。【犬飼直幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
    4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
    5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです