米国

原発を推進 エネルギー長官表明 中露に対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】ペリー米エネルギー長官は27日、「原子力発電がなければ、クリーンエネルギーの組み合わせは完結しない」と述べ、先進・小型原子炉の開発支援を通じ原発を推進する方針を表明した。ロシアや中国が原発技術をテコに「政治的な影響力を世界で行使している」とも述べ、中露への対抗の観点から重視する考えも示した。

 米トランプ政権はこれまで、原発政策について明確に方針を示していなかった。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集