メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/6 上村聡史 芝居以外の時間大事に

インタビューに答える上村聡史=内藤絵美撮影

 <近年、演出家が育っているといわれる文学座。上村聡史も注目の気鋭の一人である。創立80周年の今年は、本公演「中橋公館」(真船豊作、30日~7月9日・紀伊国屋ホール)、アトリエの会「冒した者」(三好十郎作、9月6~22日)と、敗戦の混沌(こんとん)を描く日本の近現代戯曲2本に挑む>

 翻訳劇が続いた時期もあったんですが、日本人って何だろう、日本って何だろうと思った時に、留学(2009年)を経て日本の近現代戯曲を読むと、今の表現者以上に日本というものを鋭くとらえていたんじゃないかな、と。敗戦という大きな歴史の中で、書くという表現でどう立ち向かっていったのかということについて、客観性も、主観性も備えていて、その魅力が、ちょうど自分がやりたいことと視点が重なりました。

 <大学では法律を勉強し、付属演劇研究所に入ったのは01年、大学4年の時だった>

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです