連載

私だけの東京・2020に語り継ぐ

著名人へのインタビューを通じて、東京の魅力を再発見します。

連載一覧

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・林望さん 代々続く「名誉ある孤立」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 よく、「3代続けて住んで江戸っ子」なんて言いますね。

 私の家は先祖代々、3代どころか、江戸幕府の時代からずっと江戸、つまり東京に住み続けているんです。父方の祖先が田安徳川家に仕える武士でしたから。

 その私の家で使っていたのが「東京言葉」。分かりますか? べらんめえ調の江戸っ子弁とも違うし、NHKのアナウンサーが使うような標準語とも微妙に違うんです。

 標準語は明治以降に形成された言葉だし、江戸っ子弁は下町の職人たちのもの。東京言葉は、徳川家の旗本や御家人たちの、ごく限られた小さな世界で使われていました。標準語も彼らの言葉を元に生まれたんですが、標準語になる前の、もっと混じりっけのない言葉です。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1746文字)

あわせて読みたい

注目の特集