メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

ペギー葉山/下 戦後ジャズと日本歌謡つなぐ=専門編集委員・川崎浩

 「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」……「お久しぶりね」という邦題でも知られる米国のスタンダード曲がある。かわいらしいポップソングだが、終戦の1945年、帰還兵を待つアメリカ国民に浸透し、ビング・クロスビー盤など続々とチャートイン、大スタンダードとなった。

 このころ、後のペギー葉山、小鷹狩(こたかり)繁子は12歳になろうかという時期である。福島の疎開先から、姉の疎開先である宮城県・鳴子に、母と移っていた。「ギューギュー詰めで乗り換え乗り換え。でも、汽車の中は皆、優しかった。戦争が終わり、ホッとした雰囲気が満ちていた」とペギーは思い出す。92年に発表した40周年記念アルバムが「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」になるとは、想像すらかなわないころである。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです