メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

ペギー葉山/下 戦後ジャズと日本歌謡つなぐ=専門編集委員・川崎浩

 「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」……「お久しぶりね」という邦題でも知られる米国のスタンダード曲がある。かわいらしいポップソングだが、終戦の1945年、帰還兵を待つアメリカ国民に浸透し、ビング・クロスビー盤など続々とチャートイン、大スタンダードとなった。

 このころ、後のペギー葉山、小鷹狩(こたかり)繁子は12歳になろうかという時期である。福島の疎開先から、姉の疎開先である宮城県・鳴子に、母と移っていた。「ギューギュー詰めで乗り換え乗り換え。でも、汽車の中は皆、優しかった。戦争が終わり、ホッとした雰囲気が満ちていた」とペギーは思い出す。92年に発表した40周年記念アルバムが「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」になるとは、想像すらかなわないころである。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです