メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立ハンセン病資料館

入館者数40万人に /東京

40万人目の入館者になった萩原理彩子さん(中央)=東村山市の国立ハンセン病資料館で

 国の隔離政策による人権侵害の歴史を伝える国立ハンセン病資料館(東村山市、成田稔館長)は27日、1993年の開館以来の入館者が40万人に達した。

 記念の入場者になったのは、つくば市在住で筑波大学医学群医学類4年、萩原理彩子さん(22)。医師を目指している萩原さんは大学の実習の一環として、ハンセン病の歴史を学ぶため、初めて来館した。「40万人目になれて光栄。資料館に来たことが一生の思い出になる。ハンセン病の歴史…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです