メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立ハンセン病資料館

入館者数40万人に /東京

40万人目の入館者になった萩原理彩子さん(中央)=東村山市の国立ハンセン病資料館で

 国の隔離政策による人権侵害の歴史を伝える国立ハンセン病資料館(東村山市、成田稔館長)は27日、1993年の開館以来の入館者が40万人に達した。

 記念の入場者になったのは、つくば市在住で筑波大学医学群医学類4年、萩原理彩子さん(22)。医師を目指している萩原さんは大学の実習の一環として、ハンセン病の歴史を学ぶため、初めて来館した。「40万人目になれて光栄。資料館に来たことが一生の思い出になる。ハンセン病の歴史…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです