メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生100年 なぞり周航 4日間の旅終え帰着 ボート部OBら「名残惜しい」 /滋賀

京都大艇庫前に帰着し、あいさつする濃青会の吉田会長ら=大津市蛍谷で、塚原和俊撮影

 28日の「琵琶湖周航の歌」誕生100周年を前に、旧制第三高等学校水上部時代から歌と歩んだ京都大ボート部のOB・OG約120人が実施した「なぞり周航」は27日夕、周航艇3艇が出発地の京都大艇庫(大津市蛍谷)に帰着した。当時のルートをたどる3泊4日の航程を無事に終えたクルーらを、大勢の現役ボート部員らが拍手でたたえた。【塚原和俊】

 なぞり周航は24日朝に同艇庫を出発。三高艇庫(同市観音寺)を経て時計回りに雄松(同市南小松)、今津…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです