生き物観察

ヌマエビやフナ、児童21人 長浜・早崎内湖ビオトープ /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
捕まえた魚を手にする児童たち=滋賀県長浜市の早崎内湖ビオトープで、若本和夫撮影
捕まえた魚を手にする児童たち=滋賀県長浜市の早崎内湖ビオトープで、若本和夫撮影

 長浜市の「早崎内湖ビオトープ」でこのほど、地元の市立びわ北小学校の4年生21人が水中の生き物を観察した。

 同ビオトープは2001年に県が約17ヘクタールの干拓地に水を張り、水生生物の復元状況などを調査している。

 児童たちは地元の住民グループ「早崎ビオトープネットワーキング」(倉橋義広会長)のメンバ…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

あわせて読みたい

注目の特集