笹巻き

お年寄りが“先生” 子供たち作る 鳥取 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
笹巻きを作る参加者ら=鳥取市浜坂で、李英浩撮影
笹巻きを作る参加者ら=鳥取市浜坂で、李英浩撮影

 初夏の伝統食として親しまれる和菓子「笹巻き」を調理する催しが25日、鳥取市浜坂の鳥取砂丘こどもの国で開かれた。子供たちが地元のお年寄りに教わりながら、一つ一つを丁寧に作り上げた。

 鳥取市気高町の小塩幸子さん(75)ら3人が講師役を務めた。子供たちは小塩さんらと一緒に、もち米などが原料の「まきの粉」…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集