メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

半導体売却、契約先送り 「株主総会まで」断念

 経営再建中の東芝が、半導体メモリー事業を官民ファンドの産業革新機構を中心とする「日米韓連合」へ売却する契約の締結が、目指していた28日の株主総会までに間に合わない見通しとなった。作業が遅れているほか、同連合への売却に反対する協業相手の米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)が26日、米ファンドと組んで自ら買収する案を新たに提案、東芝に揺さぶりをかけた。同連合内で契約を急ぐことへの慎重論が根強く、総会前の締結を断念した。

 日米韓連合に参加しているのは、革新機構のほか政府系の日本政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタル…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです