メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリアに警告 「化学兵器使用の兆候」

 【ワシントン会川晴之】スパイサー米大統領報道官は26日夜、シリアが再び化学兵器を使用する兆候があるとの声明を発表した。使用によりアサド大統領やシリア軍は「多額の代償を払うことになるだろう」と述べ、米軍による懲罰的攻撃を強く示唆した。反体制派の掃討作戦などで市民にも多数の犠牲が出かねない化学兵器を使用せず、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討に集中するよう警告した形だ。

 米国はシリア北部イドリブ県で4月4日、政府軍が猛毒の神経ガス「サリン」を使用し市民80人以上が死亡したと断定し、この攻撃の出撃拠点と判断した政府軍の空軍基地に巡航ミサイル攻撃を行っている。スパイサー氏は26日の声明で当時と「同様の兆候を把握した」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです