メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦七番勝負 挑戦者・稲葉陽八段-佐藤天彦名人 第6局の6

緩やかな流れに 観戦記・上地隆蔵

 2日目、朝を迎えた。稲葉の封じ手は[先]3六歩だった。このあたりから第2次駒組みへと移行していく。佐藤は「形勢に自信がなかった。こちらとしては局面の流れを緩やかにするしかないと思っていた」と振り返るが、解説の畠山鎮七段は前譜の[後]4二玉にポイントがあるという。

 「昔だったら中住まいから移動した[後]4二玉は『失敗を認めた手』。一手損ですから。でも最近は最初の玉の位置に固執せず、間合いを計りながらむしろずらしていく。20、30手先に生きるだろうという、ぼんやりとした…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです