メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

/18止 事件翌日にも夢語る

事件現場で残留毒物の有無を調べる人たち=クアラルンプール国際空港第2ターミナルで2月、岸達也撮影

 ドアン・ティ・フオン(29)と北朝鮮のリ・ジヒョン(33)、リ・ジェナム(57)が最後の動きに出た。男2人はいてつくモスクワから2月1日にハノイへ到着。リ・ジェナムは同日中に北京を経由し、最高気温が30度を超すクアラルンプールへ。フオンとリ・ジヒョンは遅れて4日にハノイから入った。

 11日以降フオンは空港近くのホテルを転々とした。「大きなクマのぬいぐるみを抱えていた」「韓国人かと思った」--その姿は従業員の目についた。はさみで髪も切った。「撮影に備え、かわいくしたかった」。フオンはそう供述している。

 金正男(キムジョンナム)が空港で殺害されたのは13日午前9時ごろ。フオンは宿を7時過ぎに出て10時…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです