メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

チーズ関税、交渉ヤマ場 来月上旬、大枠合意目指す

首席交渉官会合を前に握手する日本側の鈴木庸一氏(右)とEU側のペトリチオーネ氏=東京都千代田区で2017年6月27日午後2時17分、西本勝撮影

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉は27日、難航しているチーズなどの農産品について閣僚間で協議が行われた。30日にもEUのマルムストローム欧州委員(通商担当)が来日し、岸田文雄外相と7月上旬の大枠合意に向けて打開策を探る見通し。政治決着を念頭に、交渉は山場を迎える。【工藤昭久、片平知宏、松倉佑輔】

 山本有二農相は27日、ホーガン欧州委員(農業・農村振興担当)と難航しているチーズなどの農産品分野に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです