メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臓器移植法

20年 ドナーの面影追う家族

長男が大切にしていた人形を抱く両親。毎日、姉と妹が一緒に登校している=池田知広撮影

 脳死者からの臓器の摘出を可能にした臓器移植法が1997年6月に成立してから20年を迎えた。その後の改正で、提供者(ドナー)家族の承諾だけでも脳死臓器提供が可能となり、15歳未満の小児にも心臓移植の道が開けた。臓器提供数は26日現在454件に上る。一方、ドナーの面影を追い、臓器提供を受けた患者(レシピエント)への思いを募らせるなど、家族の苦悩は計り知れない。移植医療をめぐる現状と課題を取材した。

この記事は有料記事です。

残り4083文字(全文4282文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです