メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都の「蚊の発生防止強化月間」啓発ポスター=東京都提供

 チクッと一刺しした後、かゆみと、場合によっては病気を残して去っていく--。今年もまた、蚊が活発に動き回るシーズンを迎えた。なるべくなら、蚊を避けて暮らしたい。身を守る対策についてまとめた。

 ●暑すぎるのは苦手

 日本には約100種類の蚊がいるといわれている。身近にいてよく知られているのはヤブカの一種・ヒトスジシマカやイエカに属するアカイエカだ。日中から夕方にかけて活動が盛んになるのがヒトスジシマカ。デング熱などの感染症を媒介する。一方、アカイエカは夕方以降に活動。夜間に「プーン」と飛び回り、睡眠を邪魔する存在だ。

 アース製薬ブランドマーケティング部の中辻雄司さんによると「ヤブカはもともと北日本では見られなかった…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです