メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

「好きでなくても結婚」すべきか=回答者・ヤマザキマリ

 これまでの人生で最愛の男性と結婚できず、結果的に独身で出産も経験していません。そんな私に「日本の人口が減るのは自分のことしか考えない女が増えたせいだ」と言って引け目を感じさせようとする人がいます。「女は産む機械」と発言した政治家もいました。出産・育児以外の仕事で多少は社会に貢献しているつもりなのですが、たいして好きでなくても誰かと結婚するのが正しい生き方なのですか。(47歳・女性)

 原始時代ならまだしも、現代の人間にとっては結婚も出産も愛情や敬いにまつわるものであるはずなのに、「…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです