メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 「2025年問題」への対応は?

横倉義武氏

 公的な医療保険と介護保険のサービス価格である診療報酬と介護報酬が、2018年4月に6年ぶりに同時改定される。医療と介護の切れ目ないサービスの提供や、団塊世代が全員75歳以上になり、担い手不足や社会保障費の急増が見込まれる「2025年問題」に対応するための体制作りが大きな課題になる。同時改定の主な論点について、医療を提供する立場の横倉義武・日本医師会会長(72)と、医療・介護保険料を支払う側の白川修二・健康保険組合連合会副会長(68)に話を聞いた。【阿部亮介】

この記事は有料記事です。

残り2026文字(全文2258文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです