メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全力投球

プロ野球 交流戦「大型連敗」命取り=大野豊

 (カットは直筆)

 今年も交流戦はセ・リーグの球団にとっては鬼門となってしまった。パ・リーグの56勝51敗1分けで、交流戦が始まってから13年間でセの勝ち越しは1度だけ。指名打者制度のありなしの問題なのか。それとも、力の違いがあるのか。かつてはダルビッシュ(現レンジャーズ)や田中(現ヤンキース)らセ・リーグにいないパワー型投手がパ・リーグにいたが、今はそんなに差を感じられないだけに不思議で仕方ない。

 大きな理由の一つには、巨人とヤクルトの状態が悪すぎたせいがある。2チームとも交流戦が始まってからし…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです