メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

原発を推進、中露に対抗…エネルギー長官が表明

 【ワシントン清水憲司】ペリー米エネルギー長官は27日、「原子力発電がなければ、クリーンエネルギーの組み合わせは完結しない」と述べ、先進・小型原子炉の開発支援を通じ原発を推進する方針を表明した。ロシアや中国が原発技術をテコに「政治的な影響力を世界で行使している」とも述べ、中露への対抗の観点から重視する考えも示した。

 米トランプ政権はこれまで、原発政策について明確に方針を示していなかった。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです