フランス

米と共同歩調…シリア化学兵器使用なら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】フランス大統領府は27日、マクロン大統領と米国のトランプ大統領が電話で協議し、シリアのアサド政権が再び化学兵器を使用すれば「共通の対応をする」ことで一致したと発表した。化学兵器使用を思いとどまらせると共に、アサド政権の後ろ盾のロシアをけん制する狙いもあるとみられる。

 米政府は26日、シリアが再び化学兵器を使用す…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集