メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ、露、英、印などで大規模被害

 ロイター通信などによると、ウクライナやロシア、英国、ノルウェー、インドなどで27日、大規模なサイバー攻撃があった。ウクライナ国内での被害が最も深刻とみられ、政府の建物ではコンピューターネットワークがまひし、稼働しなくなった。サイバー攻撃の発信元は明確になっていないが、ウクライナ政府高官は「攻撃にロシアが関わった兆候がある」と述べた。

     政府機関以外でも、首都キエフの空港や地下鉄、国営航空会社や電力会社、郵便局も標的となった。

     ウクライナ内務省のアドバイザーによると、被害は同国史上最大という。「ワナ・クライ」と呼ばれるウイルス「ランサムウエア」の一種が利用されたとみている。このウイルスは5月に150カ国以上の20万以上のコンピューターに仕掛けられた疑いがあるという。

     隣国ロシアでも同国最大手の国営石油会社ロスネフチなどに攻撃があり、ウェブサイトへの接続ができなくなった。【山本太一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都労委 アリさんマーク「引越社」に不当労働行為認定
    2. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    3. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    4. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    5. 昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]