メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

出版ブーム 書店にもコーナー 詰め将棋本好調

丸善名古屋本店に開設された将棋関連本のコーナー=名古屋市中区で2017年6月27日午後4時56分、兵藤公治撮影

 史上最年少の将棋棋士としてデビュー、以来無敗で歴代単独1位の29連勝を達成した、藤井聡太四段(14)の活躍で、将棋への関心が高まりを見せている。子ども向けの入門書、グッズも販売好調で、書店には将棋本の特集コーナーも。「読書家」という藤井四段が、出版界でもブームをけん引するか。

 29連勝達成から一夜明けた27日、「新記録!!藤井四段!!」との手書きのポップが躍ったのは、三省堂書店神保町本店(東京都千代田区)の企画コーナーだ。将棋本が並ぶ一角に約2週間前から「藤井聡太の本棚」と題し、藤井四段が実際に読み、勉強したという将棋本を集めるフェアを始めた。趣味・実用書担当の母袋(もたい)幸代…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文736文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです