メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島市

8月6日登校今年は中止 市条例で教員休日に

原爆慰霊碑南側から望む原爆ドーム

 広島市立小中学校の多くで平和学習が行われてきた広島原爆の日(8月6日)の登校日が、今年は取りやめとなる。糸山隆・市教育長が27日の市議会で明らかにした。今年度から教員に関する権限が広島県から市に移り、8月6日を休日とする市条例を教員に適用するのが理由。保護者らから「子供に被爆体験を伝える特別な日」として再考を求める声が出ている。

 広島市では、多くの学校が8月6日を登校日としている。昨年は土曜日だったが市立小141校のうち82校(58%)、市立中64校のうち32校(50%)が実施し、平日の年は8~9割が実施するという。各校は当日、平和記念式典の様子をテレビで見て黙とうする▽被爆者から体験を聞く▽集会で平和への思いを発表する--などの平和学習に取り組んできた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです