メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリア、警告受け止めた 化学兵器使用の動き停止と分析 マティス氏

 【ワシントン会川晴之】マティス米国防長官は28日、トランプ米政権の警告を受け、シリア政府軍が化学兵器を使用する動きをやめたことを明らかにした。マティス氏は「シリア政府軍は(化学兵器を使った攻撃を)実施しなかった」と述べるとともに、シリア政府が「(米政府の警告を)深刻に受け止めたように見える」と分析した。訪欧中に同行記者団に語った。

 スパイサー米大統領報道官は26日、シリアが再び化学兵器を使用する兆候があるとの声明を発表。使用した場合はシリアのアサド大統領やシリア軍が「多額の代償を払うことになるだろう」と指摘し、米軍が攻撃する可能性があると警告した。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです