メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今井信郎

「龍馬暗殺」名誉回復を 後半生に地域振興 静岡・島田で百回忌

今井信郎の屋敷跡にある記念碑脇に立つ塚本さん=静岡県島田市で、松岡大地撮影

 幕末の志士、坂本龍馬の没後150年の今年、龍馬暗殺に関わったとされる武士、今井信郎(のぶお)(1841~1918年)にスポットライトを当てる動きが静岡県島田市で起きている。村長を務めるなど後半生を過ごした地で、今井は地域振興に尽力した。地元のNPO法人は、暗殺者のイメージを覆す活動を知ってもらおうと、今井の百回忌法要などを計画している。【松岡大地】

 坂本龍馬は1867年、滞在中だった京都・河原町の近江屋で襲撃を受けて殺害された。島田市の郷土史家で、今井の生涯をまとめた著作がある塚本昭一さん(82)によると、今井は治安維持を担う京都見廻組(みまわりぐみ)の一員として暗殺に関与したとされる。だが、近江屋には行ったものの実際には手を下していないなどの諸説があり、龍馬暗殺は謎に包まれている。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです