民泊

実施期間の制限条例検討へ 県、新法成立受け /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一般住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業基準を定めた住宅宿泊事業法が9日、国会で成立したことを受け、阿部守一知事は28日、「民泊の実施期間を制限する条例制定などの検討を行いたい」と述べた。施行後に民泊が増え、県内の宿泊施設の経営に影響が出ないよう配慮する方針。

 28日の県議会一般質問で、西沢正隆議員(自民党県議団)に答えた…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集