津市

「公契約条例」検討 公共事業、適正な労働環境確保へ /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 津市は、公共事業の労働環境を確保する「公契約条例」の制定を検討していると明らかにした。市議会12月定例会での条例案提案を目指すという。制定されれば、県内では四日市市に次いで2例目になる。

 公契約条例は国や自治体が公共事業や委託事業を発注する際、事業者に一定額以上の賃金を労働者に支払うよう求めるなどして労働環境を確保する制度。具体的な最低賃金を条文に盛り込む条例と、理念をうたっ…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集