メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ヘルじゃけん

番記者の目 「珍事」の後の強さ /広島

 交流戦では「優勝」こそソフトバンクに譲ったものの、成績は同じ12勝6敗で乗り切ったカープ。2連覇に向けてセ・リーグの戦いが再開した23日の阪神戦で打球が「消える」珍事があった。

 一回、田中広輔選手(27)の左翼への打球はフェンスに当たり、グラウンドに跳ね返ってくる、はずだった。しかし、打球は見当たらない。三塁塁審は本塁打を宣告したが、ビデオによるリプレー検証の結果、打球がラバーフェンスの裂け目に入ったとして二塁打と判定された。

 試合後、田中選手は「本塁打ではないと思っていた」と冷静で、「松山さんが練習でスパイクを引っかけたこ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです