メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
赤ヘルじゃけん

番記者の目 「珍事」の後の強さ /広島

 交流戦では「優勝」こそソフトバンクに譲ったものの、成績は同じ12勝6敗で乗り切ったカープ。2連覇に向けてセ・リーグの戦いが再開した23日の阪神戦で打球が「消える」珍事があった。

 一回、田中広輔選手(27)の左翼への打球はフェンスに当たり、グラウンドに跳ね返ってくる、はずだった。しかし、打球は見当たらない。三塁塁審は本塁打を宣告したが、ビデオによるリプレー検証の結果、打球がラバーフェンスの裂け目に入ったとして二塁打と判定された。

 試合後、田中選手は「本塁打ではないと思っていた」と冷静で、「松山さんが練習でスパイクを引っかけたこ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです